STYLE BOOK

Main

Side

Back

ハイライトをたっぷりいれたスタイルです。

暗めのトーンやロングのスタイルでも立体感がでて動きの見えるスタイルになります。

仕上げは巻き過ぎず、毛先にラフなカールをいれるのがポイント。

スタイリング剤はウェットになりすぎないツヤが出るタイプがオススメです。