menu

くせ毛の方にオススメ!切りっぱなしボブ!

最近よく聞く切りっぱなしボブ!

最近のトレンドの1つとなっているヘアスタイルです。

ストレートのサラサラヘアじゃないと切りっぱなしは難しい?癖毛で広がるけど切りっぱなしボブにしたい!という方へ

どんな方でもそれぞれの骨格やイメージに合わせなおかつストレートパーマなどを組み合わせることで

切りっぱなしボブは実現出来ます!

今回はオススメのレングスからストレートパーマの種類、そしてアレンジ・スタイリングのコツまで切りっぱなしボブを解説していきます。

レングス別切りっぱなしボブ

顎ライン

スタイリング方法

顎ラインの切りっぱなしボブは丸みがあり可愛い印象に!

短いとその分広がりやすくはなるので全体でなくても癖毛の方はハチ上などにストレートパーマを

かけるとより扱いやすくなります。

顎下3〜5センチのライン

少し縦長な印象になるので

可愛過ぎず大人な印象もプラスされるのでそれぞれのイメージ次第で色々な印象に

仕上がるので一番人気のレングスです。

外ハネでも内巻きでもスタイリング可能で

広がりやすい方でも外ハネなすると

広がりを抑えつつスタイリングすることが出来ます。

肩につかないギリギリのライン

大人っぽい印象に仕上げてくれます。

肩にギリギリつかない長さなので

結ぶ事も出来、内巻きにも、外ハネにもスタイリング可能です。

結びたい方にオススメのレングスです。

肩につくライン

肩につく長さなので外ハネのスタイリングをする方にはよりオススメのレングス。

肩について自然に毛先が跳ねるので

スタイリングが苦手な方でも簡単にスタイリング出来ます。

うまくいかない日は結ぶことも出来るので

とても楽な長さです。

地毛風ストレートパーマ

広がりやすい方、癖毛の方には真っ直ぐすぎないストレートパーマがオススメです。

ストレートパーマと聞くと真っ直ぐの直毛の髪を想像される方が多いと思いますが

今はそれぞれのないたいに合わせて

ストレートをかけることができます!

切りっぱなしボブだとある程度の

収まりは必要ですが真っ直ぐ過ぎるより

自然な丸みがあるほうがスタイルとしても可愛いく、またアレンジもしやすいです。

癖毛なので切りっぱなしボブは無理と思っている方是非一度ストレートパーマをかけつつ

切りっぱなしボブに挑戦して頂きたいです!

スタイリング方法

スタイリングは内巻きにしよりぷつっと感のあるボブでも◎

外ハネにすることで広がりを抑えつつ

アクティブな印象でも◎

その日の気分でさまざまなスタイリングが出来るので毎日のスタイリングが楽しみになります。

仕上げの質感はウェット系が今っぽくておすすめ!オイルのみでも束感とウェット感◎

広がる方はオイルに少しクリームを混ぜると広がりを抑えつつよりキープ力upします!

まとめ

切りっぱなしボブはそれぞれの骨格、髪質、なりたい印象に合わせて

作ることができます。

癖がだから、、、広がるから、、、切りっぱなしは無理だと諦めている方でも

弱目のパーマ〜強いストレートパーマまで種類があるのでそれぞれのお悩みに合わせかけることで

スタイリングのしやすい切りっぱなしボブが実現します。

是非一度ご相談下さい!