BLOG : 2019.07

2019.07.05

『第1回 Aujua 学会』

本日は、先日火曜日に行ってまいりました、『第1回 オージュア学会』についてレポートさせていただこうかと思います。

自己紹介をさせていただきます。表参道店にてスタイリストをしております武口良樹です。今年の初めにオージュアソムリエの称号を取得いたしました。

『Aujua(オージュア)』は、MILBONという日本のメーカーが10年ほど前からリリースしているヘアケアブランドです。以前オージュアソムリエの回のブログでも触れさせていただきました。
日本人の髪の毛を徹底的に研究されて作られたブランドであり、その効果の高さからお客様、美容師さん問わず多くの方に支持されているブランドです。最近は知名度もだいぶ上がり、シャンプーなどをお求めになるためだけにご来店される方も少なくありません。

先でもお話ししたように僕は年初めにソムリエの称号をいただきましたのでこの学会の招待を受け、参加してきました。

会場には多くのオージュアソムリエの方、また店舗でソムリエを牽引する役目を担っている『オージュアコンダクター』と呼ばれる方々も集まっています。
実は今までソムリエだけの集いやコンダクターだけの集まりというのはあったのですが、この二つが一堂に会するというのは初めてなんです。
なので『第一回Aujua学会』なんですね。

さておき、内容というのは提供、提案する側のソムリエと店単位でオージュアを率いていくコンダクター、それぞれの分野で成果をいかに伸ばすことができるかのヒント、また当日プレゼンをした方々の、自分たちが実践してきて成功へと導いた事例を語ってもらい考察してもらう。というような内容でした。
写真は今回のプレゼンターの方々がディスカッション形式で語っている様子です。

今回の学会に行って思ったことは、僕たちの仕事では当たり前でごく単純なことなのですが、「誰が」「誰に」「何を」「何のために」するのかをわかりやすく提供するということが大切。ということでした。仕事になってしまっているがゆえに自分達があたりまえになりすぎてしまい説明がおざなりになってしまったり、お客様がわかりづらいような専門用語を言ってしまっていたり、なんてことがわりと多かったりするのかな、と思います。わかりやすく、お客様の「ため」をもう一度確認しなきゃと思った会でした。

 

ソムリエだからこうするべき、などではなく、いち美容師として、人として相手を思いやることのできる人間をめざし、日々精進してまいります。

以上、第1回Aujua学会レポートでした。

表参道店 武口良樹