BLOG : PEEK-A-BOO 表参道

2019.09.27

『BC原宿 リアリティブセミナー』

 

先日渋谷にて

中国から美容師さんを招き、

表参道店 田中義弘  銀座並木道り店 福井達真

二人のアートディレクターによるカットセミナーを開催しました!!

 

 

アジアの中でも日本のカット技術を参考にして勉強している国も多く

ここ数年では特に中国の美容師からの支持を得ているPEEK-A-BOOのカット技術。

 

6名のモデルをカットするステージは普段のステージよりも距離が近く

身を乗り出して、目の前で技術を観ていました!!

 

実際のサロンワークでお客様に提案しているスタイルをベースに

東京でトレンドとなっているヘアスタイルの雰囲気、質感、カットのテクニック。

コテやアイロンでのスタイリングなど数多くの話も交えながら時間は進みました。

 

講習中に質問も多く、

日本と中国は同じアジアで近いようですが文化やヘアスタイルに対する考え方も少し違っているんだなと実感しました。

 

各モデルが仕上がってステージをウォーキングするときには

カメラやスマホで様々な角度から写真で抑えていました。

モデルさんが取り囲まれ過ぎてウォーキングできなくなるほどでした、、笑

 

PEEK-A-BOOのイメージとなるショーイングのモデルも含め総勢12名。

3時間ほどの講習もあっという間に終えるほどの内容でした!!

それとともに中国の美容師の方々の熱気を感じた時間でもありました。

 

来年はオリンピックが開催されることもあり、インバウンドで日本に訪れる方も多くいらっしゃるので

日本語が通じなくても美容の技術で喜んでもらいたいなと感じました!!

 

 

MAKE  茂田井あずさ  菊地優子

 

2019.08.25

原宿表参道元氣祭2019

8月も下旬にさしかかり、過ぎ行く夏を感じつつ納涼のお祭り三昧の今日この頃ですが、表参道にも年一回の元氣祭の時期がやってまいりました。

『原宿表参道元氣祭』スーパーよさこいと呼ばれるお祭りが8/24,25と開催されております。

表参道店はまさにこの表参道から路地を入ってすぐの場所にありますので直接見えなくても音は聞こえてきます。

暑い中、暑さも吹き飛ばすほどの熱気をおびて各チームが踊りを披露しています。

…実際はとても暑いと思います。熱中症には気をつけていただいて。。

 

表参道のスーパーよさこいは全国各地から団体が集まってきます。各地に味を交えつつしっかりとよさこいしております。

面白かったのがauさんの団体でした。cmでおなじみの昔話シリーズのキャラクターに扮して踊っているという。

お祭り自体も和テイストなので和テイストが相まって面白い演出になっていました。

 

なにしろ天気が良くてよかったと思います。

暑いとは言っても最近の中では割とすごしやすくなってきたような気候ですからお祭りにはもってこいのシチュエーションかと思います。

 

2001年から行われているこのスーパーよさこい。元氣祭の名の如し、今年も人々を元気付けてくれることでしょう。

 

以上、まだ祭りの熱気が伝わってくる中での実況中継でした。

 

表参道店でした

2019.07.05

『第1回 Aujua 学会』

本日は、先日火曜日に行ってまいりました、『第1回 オージュア学会』についてレポートさせていただこうかと思います。

自己紹介をさせていただきます。表参道店にてスタイリストをしております武口良樹です。今年の初めにオージュアソムリエの称号を取得いたしました。

『Aujua(オージュア)』は、MILBONという日本のメーカーが10年ほど前からリリースしているヘアケアブランドです。以前オージュアソムリエの回のブログでも触れさせていただきました。
日本人の髪の毛を徹底的に研究されて作られたブランドであり、その効果の高さからお客様、美容師さん問わず多くの方に支持されているブランドです。最近は知名度もだいぶ上がり、シャンプーなどをお求めになるためだけにご来店される方も少なくありません。

先でもお話ししたように僕は年初めにソムリエの称号をいただきましたのでこの学会の招待を受け、参加してきました。

会場には多くのオージュアソムリエの方、また店舗でソムリエを牽引する役目を担っている『オージュアコンダクター』と呼ばれる方々も集まっています。
実は今までソムリエだけの集いやコンダクターだけの集まりというのはあったのですが、この二つが一堂に会するというのは初めてなんです。
なので『第一回Aujua学会』なんですね。

さておき、内容というのは提供、提案する側のソムリエと店単位でオージュアを率いていくコンダクター、それぞれの分野で成果をいかに伸ばすことができるかのヒント、また当日プレゼンをした方々の、自分たちが実践してきて成功へと導いた事例を語ってもらい考察してもらう。というような内容でした。
写真は今回のプレゼンターの方々がディスカッション形式で語っている様子です。

今回の学会に行って思ったことは、僕たちの仕事では当たり前でごく単純なことなのですが、「誰が」「誰に」「何を」「何のために」するのかをわかりやすく提供するということが大切。ということでした。仕事になってしまっているがゆえに自分達があたりまえになりすぎてしまい説明がおざなりになってしまったり、お客様がわかりづらいような専門用語を言ってしまっていたり、なんてことがわりと多かったりするのかな、と思います。わかりやすく、お客様の「ため」をもう一度確認しなきゃと思った会でした。

 

ソムリエだからこうするべき、などではなく、いち美容師として、人として相手を思いやることのできる人間をめざし、日々精進してまいります。

以上、第1回Aujua学会レポートでした。

表参道店 武口良樹

2019.02.19

『Aujua sommelier(オージュアソムリエ)』

前回の青山店のブログにもあったようにPEEK-A-BOOでは厳選されたメーカーから厳選した製品を選びお客様の「美」を追求しています。

そんな製品の中に、ミルボンさんから出ている『Aujua(オージュア)』というブランドがあります。

日本人の髪を徹底的に研究し作られたヘアケアブランドです。2010年頃に【繊細な日本女性を喜びで満たすヘアケアブランド、全ての日本女性の髪とヘアスタイルを美しくしたい】という思いを込めて誕生したブランドです。

 

主にサロンのシステムトリートメントをはじめ、ホームケアでのシャンプーやトリートメントなどのラインを取り揃え、一人一人の髪や地肌のお悩みや要望に応える製品を展開しています。

 

この約10年の間に何度も改良され、新しいラインナップも数々登場し、今や女性に限らず様々な方にたくさんの支持を得ている有名なブランドとなっています。

 

そんなオージュアを取り扱うサロンに、「オージュアソムリエ」と称号されている人がいることをご存知でしょうか。

「オージュアソムリエ」とは、メーカーであるミルボンが認定した

“一人ひとりの理想の髪を叶える髪のパートナー 高度で専門的なヘアケアの知識・技術の認定を受けたオーダーメイドのヘアケアプログラムを創るスペシャリスト”

と謳われています。

そんなオージュアソムリエにこの度NeWoman新宿店、岩崎桃子表参道店、武口良樹が認定されました!

オージュアソムリエになるためには講習会や知識試験、研修など様々なステップを経て、ソムリエとしての資質がそなわっていると判断される実績をあげられたといういくつもの段階をのりこえてようやく認定されます。

知識や技術など短期間でたくさんのことを覚える必要があり、なかなか大変であることは間違いありません。

しかしこのソムリエになるためのステップで得られたものはとても有意義なものだと思っています。

最近は情報社会でもあり一般の方でも髪に関する知識をよくお持ちの方も少なくないと思います。しかし情報は錯綜してしまいがち。時に間違った知識がはびこってしまうこともあります。

私たちはさらに専門的な知識をそなえ、お客様により的確に正しい情報をお伝えしなくてはならないと思います。

オージュアというブランド自体も常に新たな研究を続けており、随時リニューアルをくりかえしています。現在の最新科学に基づいた毛髪科学を目の当たりにしている感もあります。ソムリエのための勉強ではそんな一番新しい情報、知識をいち早く得られているわけです。

 

今現在PEEK-A-BOOではオージュアソムリエは2人だけですがこれからいろんな店舗の様々な人達がオージュアソムリエの認定を受ける予定です。

悩みのない美しい髪、地肌へと導くための『Aujua(オージュア)』をどのようにひとりひとりにあわせるか。これは私たちオージュアソムリエの使命です。

常に「今」よりも「未来」がよくなるように。

常にお客様の最高の「美」を引き出せるようにソムリエの名を背負っていきます。

NeWoman新宿店 岩崎桃子

表参道店 武口良樹

 

 

 

2018.11.30

『表参道 イルミネーション 2018』

今年もまたこの時期がやってまいりました。

表参道の12月を彩る光の祭典、『表参道イルミネーション』です。

毎年かわるがわるいろんな会社がスポンサーになり開催しています。今年はGoogle Pixelさんの提供になります。

 

表参道のイルミネーションは1990年代初頭に始まりました。しかし1998年に中止になってしまいました。

しかし2009年、電球をLEDに総入れ替えし、復活したのです。その当時は60万球、翌年は90万球と規模を大きくし再び冬の表参道を彩ることとなりました。

しかしその翌年、東日本大震災により宮城県の仙台市で毎年開催されている『光のページェント』の電球の保管倉庫が津波の被害を受け電球を喪失してしまったそうです。表参道は電球の一部を仙台へと寄付し、同年のイルミネーションも節電を考慮した仕様になりました。

スポンサーがつかなかった年もあり、一時はどうなるかと思われた表参道のイルミネーションですが、ここ数年はまた規模を徐々に拡大しつつ、表参道の12月の風物詩としてたくさんの人を集めています。

 

さて、今年の表参道イルミネーションですが、点灯式では面白い演出がありました。

女優の小松菜奈さんがゲストだったのですが、提供がGoogle Pixelさんだと演出もそれらしい!

小松菜奈さんの「OK Google、表参道のイルミネーションつけて」の言葉で1.1kmに及ぶ150本のケヤキ並木をシャンパンゴールドに照らしました。

他にも今年は電球が点滅したりなどの調光演出や、オープンバスを走らせるなどのイベントもおこなうようです。

公式サイトにも載っていますが、点灯時間は日没から22:00まで。

期間は11/29~12/25までとなります。(低木の電飾は1/6まで)

なお、歩道橋は点灯時間は通れなくなりますのでご注意ください。

 

表参道店でした。