menu

topics

TOKIO STARS @ teamLab Borderless

team Lab × PEEK-A-BOO = ______

トリートメントブランド「TOKIO インカラミ」を有するIFINGが主催する「TOKIO STARS @ teamLab Borderless」が2020年11月10日にお台場の「teamLab Borderless(チームラボ ボーダレス)」で行われました。

PEEK-A-BOOからは原宿店のアートディレクター伊東秀彦が選出され、デジタルアートの世界に負けず劣らずの伊東ワールドを展開しました。

STYLING POINTS

今回のTOKIO STARSには PEEK-A-BOO / MINX / OCEAN tokyoの3チームが参加。
PEEK-A-BOOは4名のモデルのヘアメイクから衣装まで全てをスタイリング、衣装はアシスタントとして同行した原宿店の餌取 加純がメインで制作指揮をし、同じく同行した石井 優弥北川 友唯大川 侑世らと協力し全てスタッフの手で完成させました。

衣装は2つのイメージからそれぞれ2セットずつ、合計4セット制作しました。

1つ目のイメージは『パコラバンヌ』60年代にオートクチュールメゾンデビューし設立された時代を象徴するファッションブランドです。
パコラバンヌの超前衛的な鎧のようなドレスをオマージュした衣装の素材には軽さと加工のしやすさから「シルバーのPVCパネル」を採用、数種類の四角形に裁断しマルカンを使って立体的につなぎ合わせました。
毎日空いている時間はトルソーの前に立ち、ハサミをペンチに持ち替え試行錯誤しながら作った大作です。
この衣装はteamLab Borderlessの演出に溶け込みながらも様々な角度から反射した光で圧倒的な存在感を出します。
(↓写真左2人)


2つ目のイメージは日本を代表するコラージュアーティスト『横尾忠則 氏』の作品からヒントを得ました。
オーバーサイズの古着のスポーツウェアをベースにデコラティブなキラキラ光るフリルを配置したデザインです。
フリルの素材はなんと「ポテチの袋」を採用、時代にあったサスティナブルなドレスの完成です。
毎日スタッフで食べ続けたポテチは「食べる→洗う→乾かす」を繰り返すこと約80袋分!プライスレスでオンリーワンの輝かしいドレスに変身しました。
(↑写真右2人)

4人が履いているシルバーの靴は原宿店スタイリスト北川が担当。ブラックのショートブーツをベースに車のボディーに使うメッキラッッピングシートを貼ってリメイクしました。
ラッピングシートは熱で伸縮するのでドライヤーを当てながらブーツの丸さに沿わせて貼っていきます。シワにならないように均一に熱を当てて均等な力で引っ張りながら貼るのは至難の技、さらに失敗できない緊張との戦いに見事勝利しピカピカに輝くシルバーのブーツが完成しました。
この仕上がりはスタッフもびっくり、アイディアと根性のブーツ爆誕です。


Making movie

過酷な制作過程を伊東がコミカルなムービーにまとめました、是非こちらもご覧ください。


THE MODELS


ボブスタイルのモデルさんは、ボブラインをより際立たせるために、蛍光色のオレンジをインナーカラーに持ってきました。あえて外ハネに仕上げる事で、内側からの光を感じるようなデザインになっています。


蛍光色×ベリーショートで、髪全体を光らせたデザインです。刈り上げに入れた剃り込みがよりモデルさんを目立たせ、エッジの効いたスタイルがとてもよく似合っています。


地毛のカーリーヘアを活かしたスタイルです。シルバーのテープを事前に細かく刻んでおいたものを、スプレーで固めると同時に振り掛けました。どの角度から見ても反射で煌めく、ボリューミーでインパクトのあるスタイルの完成です。


レイヤースタイルのこのモデルさんはサイドをジェルでタイトに抑え、そこにシングルピンを惜しみ無く敷き詰めることで、オリジナルのヘアアクセを生み出しました。光に透けたホワイトベージュのヘアカラーと、光によって更に輝きを放つシングルピンが見事に融合したデザインです。

メイクには、グリッターや蛍光顔料を用いて、細部にもこだわりを忘れずに。
頭の先から足の先まで、全てにおいてアートの空間に溶け込む演出を考えました。


TOKIO STARS @ teamLab the Movie

team PEEK-A-BOOで取り組んだ「ビューティー×アート」の世界観を是非動画でご覧ください。


| まとめ |
teamLabの作り出すデジタルアートの空間にPEEK-A-BOOの魅せるクリエイティブが融合する、「ビューティー×アート」の美しさをとことん追求した濃密で貴重な経験でした。
色、光、反射による効果がこんなにも美しいということを発見したと同時に、新しい世界を見ることができました。
伊東を筆頭とし、今回参加したアシスタント全員のアイディアが集まり、今まで見たことのないヘアショーを作り出せたと思います。

Writer.

餌取 加純
自慢の”癒しのシャンプー”ぜひ体感してください!
sns:
PEEK-A-BOO 原宿

マッサージには自信があります!!日頃の疲れを癒したい方ぜひ私のゴッドハンドに癒されてみませんか?

丁寧な接客と親しみやすく相談しやすいよう、常に笑顔を心がけています。

簡単にできるアレンジやスタイリングの仕方、ぜひご相談ください!