menu

美容師が教える、骨格やヘアスタイル別アイブロウ(眉毛)の描き方!

こんにちは。【GINZA PEEK-A-BOO 中央通りスタイリストの荒木です。

最近はすっかりマスク生活になり、圧倒的にお顔の見える面積が狭くなった今、見える部分は目元がメインとなりましたね。

アイメイクというものがとっても重要になってきました。

その中でも特にアイブロウはお顔の表情やその人の印象までも左右する大事な部分です!

こういう印象に見られたいけれど、どう描いたら良いか分からない。。

「そもそも自分に似合う眉の形は?」など、今回はアイブロウと顔型、そしてヘアスタイルを合わせてご提案していきたいと思います!

アイブロウを描く際の黄金比

黄金比とはどんなお顔立ちの方でもベースとなる眉の描き方になります。

このようなベースを元に眉を描いてみると、失敗のないバランンスのいい眉毛が描けるのではないかと思います。

アイブロウの形

  • 眉頭の位置 → 小鼻の延長線上
  • 眉山 → 黒目の外側
  • 眉尻 → 小鼻から目尻を結んだ延長線上

を意識して描いていくとバランスの良い形になるのではないでしょうか。

眉の濃さ

眉頭は薄く眉頭から眉山までは少し濃いめに、そして眉尻にむかってやや薄く描くことで立体眉になります!

顔型別アイブロウ

・日本人に1番多いとされる面長さん

眉は細眉よりも少し太めの平行眉がオススメです!

太めの平行眉にすることで横の印象を強調し縦の印象をカバーしてくれます。

・丸顔さん

眉は太めよりも少し細めで眉尻長めのアーチ状がオススメです。

眉尻を少し細く長く描いてあげることでお顔が引き締まり丸顔をカバーしてくれます。

ヘアスタイル(前髪)との似合わせ方

・前髪ありの場合(オン眉は除く)

前髪がある場合のアイブロウは柔らかい印象が◎

透ける前髪からアイブロウが見えるときに柔らかい方が前髪との馴染みももくナチュラル眉に見えます。

カラーもヘアの色に合わせなおかつ少し暗めが◎

・前髪なしの場合

前髪がない場合は少しシャープ気味の眉が◎

特にオン眉の場合はより眉が重要なので濃すぎない程度の立体感のある眉に仕上げるのがポイント!

そしてハイトーンの場合はシャープすぎるより少し丸みのある柔らかく、そして眉の毛流れをポイントに仕上げた方がハイトーンとの馴染みも良くナチュラル眉に仕上がります。

まとめ

  • 眉尻から眉頭までのグラデショーンを意識して立体的に!
  • 明るさは髪色より少し暗めに!

などアイブロウは描き方のコツさせ掴むと簡単に描くことが出来ます。

黄金比をベースに色々と試してみながら、是非なりたい印象やそれぞれの骨格に合わせて描いてみてください!

また私の場合はヘアカットをしながらお客様にアイブローのアドバイスなども行なっているので、ご興味のある方は是非お声がけ下さると嬉しいです!

Writer.

毎日をハッピーに!
sns:
銀座中央通り店

ロングのままがいいけど今の髪型には飽きてきた。。そんなちょっとした変化の欲しい方!シンプルな中にもトレンド感のあるオシャレなヘアスタイルを提案させて頂きます。

GINZA PEEK-A-BOO 中央通り 荒木理恵子