menu

黒髪・暗髪でも重くならないあか抜けミディアムヘア8選

次の髪色はどうしようかとお悩みの方へ。

明るい髪色に飽きてしまった方や、ダメージを受けた髪を本来の美しい髪に戻していきたい方に。

“どんなスタイルにも対応しやすい黒髪とミディアムヘアを組み合わせる” ことによってナチュラルな魅力を最大限にひきだす “黒髪ミディアム” がとてもおすすめです。

しかし「黒髪は明るい髪色に比べ、重たく見えたり、地味になってしまうのでは・・」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は黒髪こそカットやスタイリングによっておしゃれでかわいく美しいモテ髪になれちゃうんです。

今回はそんな、黒髪・暗髪でも重たくならずにおしゃれにきまる、今おすすめしたい“黒髪ミディアム”をご紹介していきたいと思います。

【参考記事】似合うスタイルがきっと見つかる!タイプ別ミディアムヘアとは▽

黒髪が人気の理由

なぜ黒髪がこんなにも人気なのでしょうか。

その人気の理由をいくつかご紹介します。

①黒髪にすると、根元が伸びてきてもいわゆる“プリン”という状態にならないので頻繁に根元を染めることがなくなります。

ヘアカラーをしたあとの褪色(色落ち)もありませんので、髪が傷まず、カラー代の節約にもなります。

②また、お肌と髪色のコントラストが強くなるので、お肌の色が白く艶やかに見え、お顔まわりを黒髪が覆うことによって小顔効果も期待できます。

③黒髪のもつ「真面目」「純粋」「清楚」などのイメージから、“きちんとしている”雰囲気に見られやすいようです。

TPO問わず、好印象を与える事ができる髪色だと言えます。

【参考記事】黒髪もいいけどやっぱり明るめも好き!という方へ▽


黒髪にしたら気を付けたいこと

黒髪のもたらす効果はとても魅力的で今すぐ黒髪にしたくなってしまいますね。

ですが、気を付けていただきたいこともいくつかご紹介していきます。

①黒髪にされる方は、学校やお仕事の理由から一時的に黒くするという方もいらっしゃいますが、基本的にはそのまま染めずにご自身のナチュラルな髪にしていく方が多いかと思います。

黒髪にしてから、しばらくして毛先までご自身の髪になると、本来の髪質が出やすくなります。

髪質によっては扱いづらくなったり、柔らかい質感が出づらくなってきますので、ヘアカラーをしないかわりに、カットによる毛量調節やトリートメントなど普段からのメンテナンスは必要で、お家で行う毎日のシャンプーやケアがとても大切になります。

【参考記事】美しい髪を育てる為のご自宅でのセルフケアとは▽

②なんとなく「あか抜けない」「暗い」というようなマイナスなイメージや、髪型によっては「幼く見えやすい」という面もありますので、服装やメイク、ヘアアレンジなどでバランスを取っていくとよいでしょう。

③明るい毛を真っ黒に黒染めしたあと、もしもまた明るくしたくなってしまった場合、黒染めした毛を綺麗に明るくするという事は簡単ではありません。

ブリーチ剤を使わないといけなくなる場合もあるので、髪の傷みをさらに増幅させてしまう恐れもあります。

飽き性な方や、今後明るくする予定のある方は、黒染めではなく暗めの色で染めていくほうがよいでしょう。

担当の美容師さんと相談してみてください。

黒髪・暗髪でも重たくない、あかぬけミディアム7選

今回は黒髪・暗髪でも重たくならないミディアムヘアのスタイルを集めてみました。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

レイヤーたっぷりふわふわ黒髪ミディアム


出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 西村 澪奈

レイヤーたっぷりのミディアムスタイルです。

毛先が “ふわふわ”動いて見えますので、小顔効果も◎

暗髪や黒髪でも、抜け感を演出することができます。

髪を伸ばしてるけど、ちょっと雰囲気を変えたい・・という方にもオススメです。

ランダムに巻いて、最後毛先を外ハネに巻くだけの簡単セット。

オイルでウェットスタイルに仕上げています。

抜け感を楽しむエフォートレスミディアム


出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 箱崎 貴彦

鎖骨長さのミディアムスタイル。

レイヤーを程よく入れて抜け感の出やすいエフォートレスなスタイル。

黒髪・暗髪が、気取らないナチュラルな雰囲気にぴったりはまります。

癖のある方はそれを生かしたり、ゆるくパーマをかけると自然に外ハネになるイメージでカットしました。

コテでゆるく巻いてからボディオイルを馴染ませて、ツヤのあるスタイリングがおすすめです。

ドライな質感がおしゃれな外ハネミディアム

出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 熊野 裕麻

一見重めですがしっかり毛量調節し、アイロンも巻きやすくスタイリングが簡単に決まるミディアムスタイルです。

アウトラインの毛先を外ハネにし、全体の中間にランダムに大きめのカールを足すと決まります。

ウェットな質感の黒髪も良いですが、あえてドライな質感にするのが、よりナチュラルでオシャレです。

透明感のある黒髪やわらかミディアム

出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 表参道店

肩につくレイヤーミディアムスタイル。

顔周りにいれた優しいレイヤーが、ふわっと軽くさらさらと揺れる質感に。

これからの季節にオススメのビターグレージュカラーが、暗くても透明感のある質感を与え、髪を柔らかく見せることができます。

フレアに広がるミディアムストレートスタイルで肩ではねても上品なスタイルに。

【参考記事】ミディアムストレートの魅力とは▽

オン眉前髪と揺れるパーマで一気にあか抜ける黒髪ミディアム

出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 表参道店

肩につくミディアムにパーマをかけてあげることでハネさせたりふわっと遊ばせたり、揺れるような質感に。

簡単にスタイリングできます。

ハンドブローで柔らかくスタイリングできるパーマは重く見えがちな黒髪にとてもオススメです。

短い前髪も、お顔を明るくして一気にあか抜けミディアムに。

これから伸ばしていきたい方にはとくにおすすめのスタイルです。

ドライヤーをする時は下からばさっとラフに乾かし、ムースかワックスでくしゃっとスタイリングして仕上げましょう。

【参考記事】スタイリングもらくらく!愛されミディアムパーマとは▽

黒髪~グレーのグラデーションカラー×ウルフ風ミディアム

出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 石井 優弥

黒~グレーのグラデーションカラーは重くなりがちな黒髪におすすめです。

あまり派手なカラーができない方にもグラデーションカラーや、インナーカラーでおしゃれを楽しんでいただくことができます♪

レイヤーの入った肩につく長さのウルフ風ロブスタイルでさらに軽く。

おろしてもカワイイですし、ハーフアップなどのアレンジもオシャレにきまります。

重め前髪×インナーカラーが相性抜群のモードなミディアムスタイル


出典:PEEK-A-BOO STYLE BOOK 飯田 健太郎

パツンとした前髪とインナーカラーで相性抜群のモードスタイルに◎

インナーカラーは表面の暗い髪色にほぼ隠れるスタイルなので派手すぎず、耳にかけた時や風で揺れた時、結んだ時等にちらっと見えるのがおしゃれで大人気なんです☆

前髪は1人1人の一番似合う絶妙なラインでカット。

インナーカラーの量も骨格と毛量を見極めて調節していくので、どなたでも挑戦しやすいスタイルです。
25ミリのコテでゆるーく外ハネにスルーすると柔らかく仕上がるのでやってみてくださいね。

黒髪ワンレングス×シースルーバングでクールミディアム

出典:PEEK-A-BOO Hotpepper beauty 阿藤俊也

黒髪にワンレングスのミディアムボブスタイルです。

シースルーバングとウェットな質感は相変わらずの根強い人気。

重くなりがちな前髪はシースルーにして軽やかに、

重めのオイルとバームをMIXし根元からつけて完成のらくらくスタイリングでクールなおしゃれ感を演出します。

【参考記事】前髪で印象を変えるミディアムヘアとは▽

まとめ

今回は、これからの季節にとってもおすすめの、黒髪・暗髪×ミディアムスタイルをご紹介させていただきました。

黒髪は気を付けたい点もいくつかありますが、髪本来の美しさを際立たせ、またお客様自身のナチュラルな美しさ・魅力を引き出してくれます。

髪の傷みをリセットしたい方、明るい髪に飽きてしまった方、是非一度、担当の美容師さんにご相談してみてくださいね。

【参考記事】逆に黒髪・暗髪から変えたい方へ・・