menu

そのパーマの失敗、カットでなんとかなるかも?もしもの時はご相談ください!

最近デジタルパーマなど、よく耳にするようになりましたね!

ゆるふわのパーマを夢みて実際にパーマをかけてみたら

「思っていたのと違った 」
「カラーのダメージも加わってかなり痛んでしまった…」
「自分でうまくセットができずにパサパサになってしまう」

と、失敗なんじゃないかと不安に思う方も多くいると思います。

今回は実際にパーマが失敗してしまったとお悩みの方のBeforとAfterを、ご本人も了承の上ご紹介したいと思います。

パーマをかけたらパサパサに…

Before

久しぶりにご来店のお客様で、ボブから伸ばしていたそうなのですがスタイルチェンジをしたくなり、ダメージを覚悟のうえでパーマをかけたはいいものの、やはりパサパサになってしまい自分ではどうしようもできないことに。。

ダメージ覚悟の上とはいえパーマをかけたことを失敗だったなと思ったそうでご来店されました。

本日は失敗してしまったパーマを少しカットをして自然なボブにしたいとのご依頼でした。

ボブから伸ばしていく最中で少しヘアチェンジをしたくてパーマをかけたが失敗……うまく自分で扱えていない感じがひしひしと伝わりますね。

パーマと相性の良い髪質かどうかというのもあり、このお客様はとてもパーマがかかりづらい髪質でした。

細くて柔らかい髪だと、ふんわり柔らかなパーマスタイルは難しい場合がありますが、何よりこちらのお客様は元々の髪の毛がカラーによりハイダメージだったことも大きな原因の一つです。

髪質や素材の見極めもパーマをかけて失敗しないためにかなり大切な要素となります。

ご自分が思っている髪質と、実際に美容師が感じる髪質は違う場合もあります。

カウンセリングでしっかり担当の美容師さんと話し合い、失敗しないパーマをかけれるようにしていきましょう!

さて、気になるAfterですが……

After

見違えましたね!!

長さは1センチほどカットしました。

Beforでは後ろと前の長さに違いがあったので、揃えてラインのきれいなボブに。

それからヘアスタイルに自然な丸みが出る様にグラデーションカットを入れていきます。

パーマをとるには通常だとストレート剤等を使って、余分なカールを真っ直ぐにしたり、少しカール具合を弱めたりします。

ですが、ストレート剤をつかうとなれば少なからずダメージは重なります。

今回はこれ以上薬剤は使わず、カットとトリートメントで形になるようにしましょうというお話になりました。

カットだけではパサパサの失敗パーマをすべて元通り!というのはどうしても難しいです。

なので日々のお客様の手入れも大事になってきます。 

お手入れは必要にはなりますが、必要最低限のお手入れで済むようにカットでお手伝いをすることはできます。

カットがきれいにされていれば、定番のボブなので表面を整えれると、、

このように自然な定番ボブとなります。

パーマで失敗していた髪型とは思えませんよね!?

もちろんお客様一人ひとり、髪質やダメージ具合によってすべての方がこうなるかといえば難しい場合もあるかもしれません。

ですが、なるべくお客様の希望に添えるようにお手伝いや提案はさせていただきます。

まとめ

失敗しないパーマをかけることがまず一番いいとは思いますが、必ずしも毎回成功するとも限りません。

今回はサロンでのカットとトリートメント、お客様の日々のケアが必要ことをご了承いただいての仕上がりです。

もし失敗してしまった…どうしようと思っている方は一度ご相談ください。

素敵な髪型に近づくためのアドバイスをさせていただければ嬉しいです。

ボブ全般についてはこちらに記事をご覧ください↓↓↓

パーマスタイルに関してはこちらに記事もご覧ください↓